東京陸協会報 飛翔 No.83

2007年9月28日発行

第62回国体選手決まる

10月5〜9日まで秋田県立中央公園陸上競技場で行われる第62回国民体育大会東京都代表選手最終選考会競技会は8月18、19の両日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で行われ代表の少年少女AB成、年男女、共通の各種目の選手が決まった。

成年では8月下旬より大阪長居陸上競技場にて開催される世界陸上に出場する男子1500mの横田真人、男子110mHの八幡賢司、男子棒高跳びの田中宏昌らを筆頭として、女子やり投げ日本選手権2位の小島裕子、女子10000競歩ユニバーシアード4位の大利久美、日本インカレ優勝の一木あずさの女子100Hなどの上位入賞が期待される。

少年少女では全国高校総体男子100m、200m2冠の偉業を達成した小林雄一をはじめ、昨年の兵庫国体、共通女子砲丸投げにおいて大会新記録で優勝し、今年連覇を狙う鈴木梨枝。下山友里にも優勝の期待がかかる。また全国総体男子400mH3位の中野竜、関東大会男子やり投げにおいて大会新で優勝の山崎信、全日本中学女子200m優勝の山本優香、そして男子4×100mリレーにも上位入賞の期待がかかる。

以上の選手も含め、他の選手も入賞が大いに可能な総勢33名の精鋭たちである。

総監督の馬場強化部長をはじめ強化スタッフ一同一丸となって選手団を盛り上げ、総合上位入賞を目指す所存です。応援のほどよろしくお願い致します。

第62回 秋田国体選手名簿

写真:第23回全国小学生陸上交流大会風景
男子
種別 種目 選手 所属
成年 100m 新井智之 クレーマージャパン
400m 正川雄一 日体大
1500m 横田真人 慶応大
10000W 児島大介 東海大
110H 八幡賢司 モンテローザ
棒高跳 田中宏昌 モンテローザ
槍投 室永豊文 チームミズノ
少年A 100m 小林雄一 保善高
800m 梶田俊樹 東亜学園高
110H 川内裕太 堀越高
400・400H 中野 竜 東京高
棒高跳 菅原康平 東京高
砲丸投 秋本壯樹 成城高
ハンマー投 清水サマン 保善高
槍投 山崎 信 東大和高
少年B 200m 女部田 亮 東京高
110JH 安藤圭太 第3亀高戸中
走幅跳 大野哲平 足立十四中
共通 5000W 荒木貴寛 東京実業高
走高跳 栗原 龍 堀越高
4x100R 成年 大前祐介 富士通
女子
種別 種目 選手 所属
成年 100m 利根川由香 中大
400m 成瀬美紀 日女体大AC
10000W 大利久美 日女体大
100H 一木あずさ 日女体大
槍投 小島裕子 東京茗友クラブ
少女A 400m 桝橋裕里 早稲田実業高
1500m 渡辺美保 順天高
三段跳 下山友里 白梅学園高
少女B 200m 山本優香 三鷹一中
100H 西野愛梨 東京高
共通 走高跳 坂本絵美 八王子高
棒高跳 多久優麗花 文京高
砲丸投 鈴木梨枝 東京高
 
団長 大串啓二   東陸理事
総務 野澤恒雄   東陸理事
総監督 馬場 孝   東陸理事
男子監督 正川澄夫 橘高教 東陸強化部員 都高体連総務副委員長
女子監督 橋口広忠 大妻多摩中高教 東陸強化部員 都高体連総務副委員長
コーチ 福元康貴 学芸大附高教 東陸強化部員 都高体連強化委員長
千野達也 保善高教 東陸強化部員 都高体連強化副委員長
大村邦英 東京高教 東陸強化部員
下山良成 あきる野西中教 東陸強化部員 都中体連強化副委員長
トレーナー 小沢末菜 リニアート 日本陸運トレーナー
支援コーチ 小林直恵 東京高教  
白井一夫 陸歩クラブ 東陸強化部員
西川路健児 本郷高教 東陸理事 都高体連総務副委員長

第23回全国小学生陸上交流大会

7月28日、大阪長居競技場で行われた第23回全国小学生陸上交流大会で、東京都選手団はよく頑張った。

男子
種目 選手 所属 記録
男子4×100mR 山田康博・坂口涼太・古谷綜一郎・藤田修辛 バディ陸上ク 54.66
男子6年100m 大村 洋 多田陸上ク 13.38
男子5年100m 伊東優作 バンブー 14.79
男子走幅跳 青山 豊 五葛西ク 4m32
男子80mH 宮崎慎次郎 江東JAC 14.63
男子走高跳 中尾友洋 希望丘ク 記録なし
男子ソフトボール投 吉澤知宏 多田陸上ク 51m34
女子
種目 選手 所属 記録
女子4×100mR 会沢紗也加・樋口紗千・越山七海・江頭美咲 KMC陸上ク 55.74
女子6年100m 福島 寿 府中AC 14.19
女子5年100m 初見笑里 武蔵野東AC 14.53
女子走幅跳 長谷川智世 ねりまJr 記録なし
女子80mH 高木麻梨乃 R-キッズ 15.01
女子走高跳 河原千夏 杉六陸上ク 1m26
女子ソフトボール投 長崎未祐 二子玉ク 43m59

新規加入クラブ紹介

チームemdaRC (増田和悦)

写真:東京マラソンと葛西臨海公園での練習会メンバー6人でこじんまりろ活動しているチームです。現職場・元職場の仲間、学生時代の友人の集合体です。中学時代に砲丸を投げていたという女性もいますが、今の種目は、フルマラソンを走る人が多数派で、年3回くらいレースに出ています。記録のほうは、去年やっとサブスリーランナーが誕生したところです。

登録したきっかけは、今年2007年の北海道マラソンです。過去2年は一般競技者の部で参加しましたが、今年はいよいよ陸運登録者の部。この大会、苛酷で硬派なところに引き寄せられて、懲りずに3回目の参加となりました。

日頃は中目黒の目黒川沿いを走ったり、世田谷公園、葛西臨海公園、駒沢公園が主な活動場所です。緑の多いコースでのトレー二ングに励んでいます。この夏の猛暑は特に、コースにできる木陰部分を、何よりありがたい自然の恵みと感じてトレーニングしました。

東京地下鉄 (藤岡 峰)

写真:東京地下鉄集合写真今年度から東京陸協に所属いたしました東京地下鉄です。我がチームは本社、運輸、技術、関連会社勤務と多種多様のメンバーで構成されています。そのためお互いが不規則勤務で全員が揃う事は少ないのですが限られた時間を有効に且つ集中して活動しています。その活動内容ですが月1〜2回の練習会と年2回の合宿を行っていて、大会も様々なロードレース、記録会、駅伝に出場しています。特に32回開催されていて過酷とも言われる富士登山駅伝には数少ない、第1回からの連続出場を果たしています。仕事では地下を走っていますが、練習、大会では地上を「快速運行」で激走しますので応援よろしくお願いします。

小岩選抜ランニングクラブ (下井 悟)

写真:小岩選抜ランニングクラブ集合写真私達、小岩選抜ランニングクラブ(小岩選抜RC)は、2004年の地元江戸川マラソン大会の出場を機に活動を開始しました。

創立2年と新しいチームですが、20代から70代までと幅広く、現在の会員数は20名を越えました。メンバーは日々の仕事をこなしながら、週一回のトラックでのスピード練習、江戸川河川敷の芝やロードを利用したLSDなどの練習を基本に、トラックレースから駅伝やフルマラソンなどのロードレースに出場し、真剣かつのびのびと記録向上を目指しています。

また、毎月小学生と保護者を対象にしたランニング教室を開催し走る楽しさを人々に広め、地域貢献にも努めていきたいと考えております。よろしくお願いします。

アミノバリューランニングクラブ (坂本温子)

今年度より加盟させていただきました。アミノバリューランニングクラブです。よろしくお願い致します。

本クラブは2年前に発足し、初心者、初級者を中心としたランニングクラブとして「走る楽しさ」「マラソンに挑戦する」方々を応援してきました。3年目を迎え、本クラブで初めてフルマラソンに挑戦した方々も、大会参加の回を重ね、記録を目標に大会に挑戦する方も多数でてまいりました。この方々の願いもあり、会員の活動の場を広げたいと、今回加盟させていただきました。

本クラブは、月2回皇居をはじめとして、小金井、八王子などで練習をしております。会員には、目標を持って練習していただきたいと考えております。どうぞ、よろしくお願い致します。